病院紹介

当院のコンセプト

スマート・オープン・コミュニケーション

どうぶつと人との絆を大切にした『どうぶつに優しい医療』を目指しています。


WAFとは、 We achieve the frontier の略です。

“常に挑戦し、新しい価値を生み出す病院でありたい”

という想いがこもっています。


当院では『どうぶつに優しい医療』実践のために、病気の早期発見と早期治療、治療や検査における負担が少ないことが重要だと考えています。

そのためにも、毎回健康チェックができるように、再診料の中に鼻先からしっぽまでの全身チェックと耳掃除・爪切り・足裏バリカン・肛門線絞りが含まれています。

その他、どうぶつへの負担が少ない治療の提案や、ご家族の検査時の立会い・どうぶつ用リラックスフェロモンの使用による病院ストレス軽減に取り組んでいます。

また、待ち時間が少なくなるように予約優先制やWAF予約システム最先端の電子カルテシステムを導入し、『スマート・オープン・コミュニケーション』をコンセプトとした獣医療サービスを提供して参ります。

事前にご連絡いただきますと、昼休みに内覧も可能です。
ご家族だけでも気軽に遊びに来てください。お待ちしております。

 

院長 津山悠

院長インタビュー


院内風景

●受付
●受付
最先端のWEB予約システムや電子カルテシステムを導入してい ます。
●待合室
●待合室
予約優先制を導入していますので、待ち時間が短縮されます。 また、院内がオープンになっています。

 

●薬局&検査室
●薬局&検査室
各種検査や調剤を行うスペースです。 検査機器と電子カルテシステムが連動しています。
●診察室
●診察室
開放的なメイン診察室です。 iPadによる電子カルテシステムや画像モニターを活用した説明を行います。

 

●手術室
●手術室
デジタルレントゲン装置や動物用内視鏡、超音波検査診断装置などの最先端設備が整っています。
●内視鏡検査
●内視鏡検査
内視鏡など負担の少ない『どうぶつに優しい医療』を実践しています。

 

●猫舎&ICU
●猫舎&ICU
上下運動ができる猫専門のケージと集中治療室(動物用ICU)を導入していますので安心です。
●大型犬舎
●大型犬舎
大型犬専用の入院スペースを1室ご用意しています。

 

●屋内専用駐車場
●屋内専用駐車場
当ビル1Fの屋内になる専用駐車場2台(2番・3番)あります。 雨の日でも濡れずに院内まで移動できます。 その他、同じ屋内駐車場にコインパーキングが9台ありますので、とても便利です。